【5分で完成】ママの忙しい朝、時短メイクのコツと優先順位、アイテムをご紹介

本ページは、プロモーションが含まれています。

【5分で完成】ママの忙しい朝、時短メイクのコツと優先順位、アイテム Beauty

ママになると自分の身支度以外にも、我が子の支度や子どものお世話をしながら自分の身支度をしなければなりません。「メイクしている時間がない…!」「ほぼスッピンで外出しているけど、このままで良いのかな」と思っているママも少なくないはずです。でも、ママの朝はバタバタなので、どうやってメイクをしたら良いのか分からないのではないでしょうか?そんなママにおすすめの時短メイクがあります。今回は、忙しい朝の時短メイクのコツ、優先順位、アイテムを百貨店元美容部員の筆者がご紹介します。

スポンサーリンク

ママの忙しい朝の時短メイクがもたらすメリット

朝バタバタしていて、メイクができないまま外出すると、出先で「今日もメイクができなかった」「ママ友に会うのが億劫に感じる」「年齢を感じる」といったように気分が下がった経験はありませんか?時短でもメイクをすることで、ママにもたらすメリットをご紹介します。

  • 自然体の美さ
  • 綺麗なママの印象
  • メイクをすることで気持ちも明るく

自然体の美さ

保育園や幼稚園で会う綺麗なママとはどんなママでしょうか。10代、20代の頃のように流行りのメイクをしたり、服を着たりして輝いていることではないと感じる方も少なくないはずです。綺麗なママと感じる方には、清潔感がある・内面からでる美さを感じる・自分に似合うオシャレを楽しんでいる・芯がある・悪口や陰口を言わない・言葉使いが綺麗などです。バッチリメイクしているかどうかは、30代や40代のママの美さを左右しません。

とはいえ、メイクしている時間がないからといってスッピンだと、お疲れの印象に見えてしまう場合があります。5分だけでもメイクをする時間を捻出して、自分に似合う時短メイクをすれば、自然体の美さは十分作れるのです。

綺麗なママの印象

朝バタバタしていてメイクがほとんどできず、子どもの送迎をしたときは、「ママ友に会いたくないな…」と思って気持ちが後ろ向きになってしまう日もあるでしょう。綺麗にメイクやファッションを楽しんでいるママがいたら、なおさらメイクをしていない自分に嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。時短であろうがなかろうが、メイクをしているママはやっぱり綺麗に見えるものです。

また、30代、40代を超えると、肌のくすみやシミなどの悩みを感じやすくなります。メイクで影になる原因をカバーし、明るさをプラスしてあげると好印象に見えるでしょう。チークや口紅で血色感を与えると、健康的な印象にも見えます。時短メイクでもポイントを押さえれば、綺麗なママの印象を誰でも作れます

メイクをすることで気持ちも明るく

メイクは見た目だけでなく、内面にも変化をもたらすものです。お気に入りのメイクアイテムを使って納得できるメイクができるかできないかで、気持ちの明るさや積極性、印象を左右します。悩みをカバーする、明るさを出す、血色感を出すことをメイクで意識すると、自ずと気持ちまで明るくなるでしょう。

手抜きに見えない、ママの時短メイクのコツ

時短メイクと聞くと、手抜きに見える、雑に見えると思うママもいるかもしれません。確かにベースメイクで言えばコンシーラーやハイライト、シェーディングなどを全部取り入れることは時短メイクでは難しいです。

時短メイクを成功させるコツは、工程を減らして1つ1つのメイクは丁寧にすることが手抜きに見えないポイントです。

また、アイテムを厳選することも大事です。例えば、洗顔とスキンケアが同時にできるマスクを使う、オールインワンジェルを使う、BBクリームを使う、チークと口紅兼用のアイテムを使うなど、できることは一気に行います。

メイクの工程を減らし、付け方や塗り方を丁寧にすれば、時短メイクでも丁寧で美しいメイクに仕上がります。

5分でできる!ママの時短メイクのやり方とアイテム

ママの朝はお子さんのお世話と平行して自分の身支度をするので大忙しです。たくさんのメイクアイテムは使用できなくても、5分でできるメイクならいかがでしょうか?5分早く起きる、お子さんに5分動画を見せている間に出来る時短メイクのやり方をご紹介します。

  • 【洗顔】洗顔とスキンケアは一気にマスクで解決
  • 【スキンケア】オールインワンスキンケアを活用
  • 【ベースメイク】日焼け止め兼ベースメイクアイテム
  • 【アイブロウ】眉ティントを仕込む
  • 【ポイントメイク】リップ兼チークアイテムで一気にメイク

【洗顔】洗顔とスキンケアを一気にマスクで解決

お子さんが小さいと、後追いや1人にして怪我や誤飲をしないか心配で、なかなか洗顔ができないという経験をしたことのあるママも少なくないはずです。そんな時は、マスク1枚で洗顔からスキンケアまで完了させてみてはいかがでしょうか?製品によってマスクを貼る時間は異なりますが、1分程度でもちもちの潤い肌が完成です。

2児ママの筆者も上の子が3歳、下の子がお座りした生後6ヶ月頃から誤飲や事故が心配な2歳を過ぎた頃まで、朝のスキンケアがままならない時はマスクに頼っていました。

ただし、寝ている間の汗や皮脂を落とさずに古くなると肌悩みの元となる場合があります。季節や肌状態、肌質を鑑みながら、マスクを活用することをおすすめします。

【スキンケア】オールインワンスキンケアを活用

朝は洗顔をしたい派の方には、洗顔後にオールインワンスキンケアの使用がおすすめです。オールインワンスキンケアなら、化粧水、乳液、クリームなどを何度もつけなくても1つでスキンケアが完成します。スキンケアは使用量を守って肌によくなじませるのがポイントなので、1種類なら丁寧につけることができてスキンケアの実力も感じやすくなり、美肌を目指せるでしょう。オールインワンのスキンケアといっても、保湿タイプ以外にも明るさ、年齢サインに対応している製品があるので、肌悩みに合わせたタイプを使用するのも良いですね。

【ベースメイク】日焼け止め兼ベースメイクアイテム

スッピンの肌は、紫外線ダメージや乾燥、空気中のホコリや花粉などで肌荒れを引き起こす可能性があるため、ベースメイクは忙しい朝も外せないアイテム。時短でメイクをするなら、ベースメイクは1本で日焼け止め、ファンデーションの機能が備わっていてベースメイクが完了するタイプがおすすめです。製品によって、色素のお悩みやクマをカバーしてくれるタイプやつやを与えてくれるタイプ、マットな仕上がりのタイプがあるので、肌悩みや肌質に合うものを選びましょう。

【アイブロウ】眉ティントを仕込む

眉ティントは、眉の形に添って眉ティントを塗り、数時間(製品の説明書による)放置して剝がして洗顔をすると、アイブロウパウダーやペンシルで眉を描いたかのように自然に色が付くアイテム。製品や仕込む時間の長さによっては、2日~3日色持ちするものもあり、朝の忙しい時間に眉を描く手間を省いてくれます。眉ティントの色がしっかり残っていれば、眉を描かなくても良いですし、仕上げにちょっとだけ書き足す程度で綺麗な眉が完成。

時間のある時やお子さんが寝た後に、ゆっくりと丁寧に眉ティントを仕込んでおけば、忙しい朝も自身の持てる眉ができるのがママにとってうれしいポイントです!

【ポイントメイク】リップ兼チークアイテムで一気にメイク

リップ、チークのポイントメイクは、血色感を与えて健康的で好印象を作るのに役立つアイテムです。ベースメイクが完成していれば日中の肌の刺激となる外的要因から守れるので、急いでる朝はベースメイクまでは完成させ、リップやチークは出先でササっと仕上げるのもアリです。

忙しい朝に自宅で手早くメイクしたい場合や出先で簡単に仕上げるならリップ兼チークのアイテムが便利です。指先でトントンと唇や頬に溶け込むようになじませれば、自然な血色感がプラスされて素敵な印象に仕上がります。2Way仕様なら、持ち運びも便利なのも魅力です。

「寝坊した」「子どものお世話でメイク時間がない」優先順位どうする?

寝坊したり、我が子のお世話にいつも以上に時間を使うと「メイクしている時間がない」という日もありますよね。そんな時は、優先順位をつけてメイクをして、落ち着いたらメイクを足せる状態にしておくのがおすすめです。そこで、時短メイクの優先順位をお伝えします。

  • 1位日焼け止め&ベースメイク
  • 2位眉を描く
  • 3位口紅
  • 4位チーク
  • 5位アイメイク

1位日焼け止め&ベースメイク

忙しい朝は、肌荒れの原因と将来的に肌悩みの原因となる、日中の刺激から肌を守ることを優先させましょう。日中の肌の刺激になる要因は、紫外線、乾燥、空気中の汚れなどです。「今日は忙しくて疲れてどうしようもなくメイクをするのが面倒…」そんな日はベースメイクだけするのがオススメです。スッピンで外にでるのが億劫に感じるときは、帽子をかぶる、マスクをするなどの対応をしましょう。

2位眉を描く

眉が描かれていないと、疲れた印象に見えたり、スッピンが目立ちます。逆を言えば、眉さえ描いていれば、スッピンには見えません。忙しい朝は、ベースメイクをした後、眉まで描いて、自然な印象をキープしましょう。

3位口紅

口元に血色感があると、あたたかくて健康的な印象を与えます。好印象を作りたいママは、ベースメイク、眉を描く、口紅まで塗れると良いですね。口紅はコンパクトで携帯しやすく、リップクリームを塗る感覚で鏡がない場所でもつけることができるので、朝塗れなかったらバッグに入れておくのもおすすめです。

4位チーク

チークは血色感を与えて、顔に立体感を出すアイテムです。チークをつけることでメイクをしている感がアップし、丁寧に身だしなみを整えているママの印象になるでしょう。チークは、鏡を見ながらでないと、つける位置がずれてしまうこともあるので、鏡つきのケースに入ったアイテムを選ぶと、出先やご自宅でお子さんを見ながらサッとつけることができますよ。

5位アイメイク

アイメイクはポイントメイクの中でも、細かい作業で時間がかかってしまう部分です。小さなお子さんのお世話で手一杯でメイクができないときは、省いても良いでしょう。アイメイクをする場合は自分にとって使いやすいアイテムを選ぶことがおすすめです。

グラデーションになっているアイシャドウパレットなら順番につけるだけで明るさを与えて引き締めまでができ、立体感のある魅力的な目元に。1つで仕上げたい場合やつやを出したい場合は、リキッドやクリームタイプのアイシャドウがピッタリです。

ビューラーやマスカラベースは省くことも選択肢の1つ。マスカラはダマになりにくく、目の下にもつきにくいタイプを選びましょう。

時短メイクが崩れたらお直しはどうする?

時短メイクは落ちないように作り込まれていないので、日中にお直しが必要になる可能性があります。そんな時に持っておくと便利なアイテムをご紹介します。

  • テカリ直し
  • リップ

テカリ直し

日焼け止め兼ファンデーション1つで、ベースメイクを仕上げると、日中に肌のテカリやファンデーションのヨレが気になる可能性があります。ファンデーションが崩れていると見た目が気になるだけでなく、昼間の紫外線ダメージの影響を受けてしまうかもしれません。ティッシュや油取り紙でテカリを抑えたら、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを使ってベースメイクを直しましょう。ブラシで仕上げるとムラになりにくく、薄づきでつや感を出せますよ。スポンジでつけるとファンデーションがきちんとつくので、悩みをカバーしたい場合におすすめです。肌の乾燥を感じている場合は、ミスト化粧水などで水分補給をしてからお直しするのも良いでしょう。

眉は毛穴が多くて皮脂や汗で崩れやすいです。眉尻のメイクが取れていたという経験をしたことのある方も少なくないはずです。ティッシュ、油取り紙などで皮脂と汗を抑えて、ベースメイクを直した後に、眉尻を足してあげましょう。

リップ

リップは、飲み物を飲んだり、喋ったり、マスクをしたりすることで色落ちしやすいアイテムです。リップは、サッと手軽につけることができるアイテムなので、気になったときに、お直しをしましょう。リップを繰り返しつけることで、唇が荒れてしまう方は、ほんのりと色がついているリップクリームでお直しするのもおすすめです。

まとめ|時短メイクでも綺麗は作れる

お子さんが小さなうちは、子どものお世話をしながらママの身支度をするので、メイクをしている時間がないというのがママ共通の悩みだと思います。とはいえ、スッピンだと紫外線や乾燥などで肌が刺激を受けて肌荒れの原因になりかねません。

作り込んだメイクはできませんが、5分あれば素敵な印象を与えるメイクは可能です。

・洗顔とスキンケアが一気にできるマスクを使う

・オールインワンスキンケアを使う

・日焼け止め兼ファンデーション1つでベースメイクを仕上げる

・チーク兼リップのアイテムでサッとポイントメイクを仕上げる

・アイメイクは省いても大丈夫

・アイメイクを時短で仕上げるなら、陰影がつくパレットや1つで綺麗に仕上がるリキッドアイシャドウを使う

など、ママが時短でメイクをしやすい方法を探してみましょう。

お子さんのお世話で忙しくてメイクができないと悩んでいるママは、今回ご紹介した時短ママメイクを楽しんでみてくださいね。

ママのための美容&育児情報をお届けしています。
元百貨店美容部員でオーガニック食品、オーガニックコスメが大好きなyukiが運営しています。
4歳早生まれ男の子、2歳女の子の子育てに奮闘中です。
●NeigeBeautySalonは、amazonアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。
●アフィリエイト広告を利用しています。

Neige Beauty Salonをフォローする
Beauty
スポンサーリンク
Neige Beauty Salonをフォローする
Neige Beauty salon
タイトルとURLをコピーしました