冬のお肌のお手入れはどうする?スキンケアとインナーケアのポイントをご紹介!

美容

冬のママたちのお肌は、気温・湿度の低下の影響で、乾燥・血行不良のお悩みが出やすくなります。

とはいえ、ママたちは、寒くても子どもと外遊びをするので、身体が冷えてしまったり、小さな赤ちゃんがいる家はお部屋を寒くしないように暖房を24時間付けていてお部屋が乾燥しているかもしれませんね。

この記事では、忙しいママが無理なく、自宅で簡単に、乾燥・血行不良のお肌悩みを緩和する為のスキンケアのポイントと、インナーケアの方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

この記事でわかること

  • 冬に起こるお肌トラブルとは?
  • 冬のお肌トラブル解決の為のスキンケア方法
  • 冬のお肌トラブル解決の為のインナーケア

冬のお肌悩みとは?

冬のお肌は、気温・湿度の低下により、乾燥と血行不良が気になる季節です。

また、室内にいる時は、暖房の影響で、お肌は1日中乾燥がダメージを受けやすくなっています。

今回は、乾燥と血行不良が起きているお肌の状態の解説と、お手入れ方法をご紹介します!

乾燥のお肌悩みを解説

乾燥はお肌悩みの入り口とも言われており、乾燥肌をそのままにしておくと、

☑シワ

☑シミ

といったお悩みへと繋がっていきます。

乾いた画用紙を折った時に、折れ線がつきますよね。

それと同様に、お肌が乾燥している状態でお顔の表情が動くと、表情に合わせたシワが出来てしまうことがあります。

お顔の表情は人それぞれ癖があります。同じような表情を何年も繰り返すことで、その積み重ねによって、表情を動かしていない時でもシワとして残ってしまうことがあります。

表情シワを予防する為には、お肌を潤った状態にすることが大切です。

潤ったお肌にするにはどうすれば良い?

☑保湿効果の高いスキンケアを使用する

☑暖房の影響で乾燥している室内も加湿器をつけて保湿しましょう。室内の湿度は、50%~60%が美容に良いと言われています。

スキンケアで保湿しても、お部屋が乾燥しているとお肌の潤いも逃げてしまうので、お部屋の湿度も気にするようにしましょう。

冬は、1年を通して紫外線の強さと量は少ない時期ですが、お肌が乾燥していると紫外線のダメージを受けやすくなります。

潤ったお肌にすることで、紫外線のダメージを受けにくくなり、シミ予防にも繋がります。

お肌が乾燥している時は雪焼けに注意しよう!

そして、冬場は紫外線の強さや量は1年の中で弱い時期ではありますが、

スキー場のような場所では、日光の照り返しで雪焼けを起こしてしまうので、

日焼け止めやベースメークで冬場も紫外線からお肌を守りましょう。

日焼け止めは、SPF30以上/PA++以上のタイプの使用がお勧めです。

血行不良のお肌悩みを解説

血行不良が起きているとお肌にはどんなことが起きる?

血行不良の状態になっていると、お肌に血色感が無くなり、

くすみ

くま

のお悩みに繋がります。

さらに、血液はお肌に栄養を運ぶ役割もあるので、血行不良をそのままにしておくとお肌が栄養を得られずお肌の細胞が未熟になってしまい、お肌本来が持っている保水機能やバリア機能が弱まってしまうこともあります。

血行不良を感じたら、温めるお手入れを意識しましょう

スキンケアの時に、マッサージをする

レッグウォーマーや腹巻で身体を冷やさないようにする

生姜やブラックペッパー等内側から温める食べ物を取り入れる

このようなお手入れを意識しましょう。

冬のインナーケア はちみつ&生姜を取り入れよう

生姜の力って??

生姜は身体を温めたり、風邪対策に良いとよく言われていますよね。生姜にはジンゲロールと、ジンゲロールを加熱することによってできるショウガオールいう成分が含まれています。ジンゲロールは抗菌作用や発汗作用、解熱作用があると言われており、風邪の引き始めに飲むとよいと言われています。

冬場に身体を温めるなら、加熱された生姜を取り入れるようにしましょう。

\♡おうちで簡単♡はちみつ&生姜のホットドリンクの作り方/

■用意するもの

・耐熱コップ・・・1個

・はちみつ(出来ればオーガニックで非加熱)・・・Tスプーン1杯

・すりおろし生姜or乾燥生姜パウダー(出来ればオーガニックや自然栽培のもの)・・・Tスプーン1/3程

・ぬるま湯(非加熱のはちみつを使用する場合は、ぬるま湯を用意)・・・コップ1杯

・お好みでレモンスライス(ワックス不使用)、ブラックペッパー、シナモン等

■作り方

コップいっぱいのぬるま湯に、はちみつとすりおろし生姜or乾燥生姜パウダーを混ぜます。

お好みで、レモンスライス、ブラックペッパー、シナモンを混ぜたら出来上がり!

■飲むタイミング

・朝起きたら

・おやつの代わりに

・就寝前に

※水分の取りすぎ、はちみつの取りすぎは、むくみや肥満に繋がってしまうので、身体の調子をみながら、1日3杯を限度として、お飲みいただくことがおすすめです。

忙しいママは朝起きたら白湯を飲んで身体を温めよう!

子育てをしていると、お手入れしてる時間が無い!生姜入りのホットドリンクを作っている時間が無い日もありますよね。特に朝は、忙しくてバタバタしていますよね!

そんな時は、身支度をしながら白湯を飲みましょう!

沸騰させたお湯を50度位まで冷まし、身支度しながら10分位かけて飲みましょう。

身体が内側から温まってきて、元気に1日過ごせると思いますよ。

まとめ

湯上り美人という言葉が昔からありますよね。湯上り美人は、血行が良くお肌に透明感がり、頬はほんのり赤みがある状態です。
湯上り美人肌は、潤いがある肌・血色が良い肌です。その為には、日々のクレンジング・保湿・マッサージ・内側から身体を温めるお手入れを意識して行いましょう。                                              

コメント

タイトルとURLをコピーしました